ストーリー 予告 キャスト ギャラリー プレゼント
ストーリー

健太と桃子の情事を陰から見つめている葵。桃子との情事直後、意味深な言葉を残しながらも健太に奉仕する葵だが、その場を美紅に目撃されてしまう。
健太から葵を守る為と健太に襲いかかる美紅だが、幼馴染との交わりという背徳感に、次第に快楽を覚えていく。

美紅と桃子に求められる健太、だが葵へ想いが健太を支配するのだった…。


予告

キャスト
大原 葵 (CV:涼森ちさと)

健太が居候する屋敷の住人。
健太が弟子入りを目指す日本画家の妻であり、自身、とある流派の日舞の家元を務める。
旦那が年がら年中放浪しているため、実質的な屋敷の主。
家の外では流派の代表としての自覚を持って振舞っており、周囲の人々の目には楚々とした雰囲気を漂わす、おしとやかな女性と映っている。一方、家の中では、面倒事を家政婦の桃子と雑用係の健太に任せて、だらけきっている。やろうと思えば、家事も含めて万事卒なくこなせるのだが、よほど必要に迫られないと、その実力をはっきしない
野々宮 桃子(CV:あさり☆)
健太が居候する屋敷の住人。
家政婦として、屋敷の中の家事一切を取り仕切っている。
屋敷の主である葵とは、子供の頃からの知り合い。年上の素敵なお姉さんとして慕っていた。
控えめかつ博愛主義なため、何もかも自分まかせでだらだらしている葵に対して、文句のひとつも言わない。
むしろその駄目ッぷりをニコニコしながら見つめ、フォローするのが日課。
三条 美紅(CV:比未子)
健太が居候する屋敷の半住人。
日舞の内弟子だが結婚しているため、屋敷と自分の家それぞれでを、大体半々のペースで寝泊りしている。
健太とは、幼い頃、一緒に遊んで過ごした仲。
当時の関係は、暴君である美紅と、それに逆らいきれない健太というもので、再会してからの二人の関係も、ほぼ同様。
伏見 健太(CV:未公開)
葵の旦那への弟子入りを夢見て、屋敷にやってきた青年。
しかし実際のところは、旦那が放浪中の留守番兼小間使いとして呼ばれ、実際そのように扱われている。
海洋探検家&冒険家の両親は、冒険の過程で行方不明。
それを反面教師として、雅や侘び寂び的な穏やかな生活に憧れている。
ギャラリー

プレゼント

アンケートにご協力いただいた方の中から、毎月10名様に当ホームページでご紹介してある作品の中からご希望の1タイトルをプレゼントさせていただいております。(BOXセットは対象外となりますのでご了承下さい。)